•         小ロットの国際物流はコストがとても高いです。毎回工場の輸出手間、港費用、日本港費用と通関費用、通関手間が掛かります。普通のやり方なら中国から日本までの場合、平均一枚の洋服の物流コストは70-600円かかります。ビジネスモデルではとても効率悪いやり方です。
  •  
  •        Speedaiは各工場の小ロット出荷を纏めて、一括コンテナーで日本に出荷、輸出、輸入通関、各社の日本指定倉庫にデリバリーします。コストダウン、効率UP、スピードUPできます。
  •  
  •        御社にもっと効率が良いビジネスモデルを提供、もっとコスト削減、もっと競争力をUP!
  • 小ロット出荷も1枚68円(ブラウス、広州から東京の場合)で日本の指定倉庫までDoor toDoor!
  • 正式輸出と通関、中国工場税金還付もOK。(全部正式貿易)
  • ミニマムチャージ4760円(ブラウスなら70枚分)
  • 小ロット出荷は国際物流コスト最大の場合60%も節約できます。(コートの場合)

 

普通のやり方

中国側(工場)                                      日本側(発注先)

    C1社————輸出手間、港諸費用―――日本入港の諸費用と通関費用————日本A

    C2社————輸出手間、港諸費用―――日本入港の諸費用と通関費用————日本B社

    C3————輸出手間、港諸費用―――日本入港の諸費用と通関費用————日本C

    C4社————輸出手間、港諸費用―――日本入港の諸費用と通関費用————日本D

各社が各工場に小ロットを発注して、各工場は混載便で出荷して、コストが高い効率悪いやり方です。

Speedaiのやり方

中国側(工場)

 

C1社

C2社

C3社

C4社

……

 

日本側(発注先)

 

日本A社

日本B社

日本C社

日本D社

……

Speedai 一括コンテナーで出荷

輸出手間、港諸費用―――日本入港の諸費用と通関費用

        Speedaは各工場の小ロット出荷を纏めて、一括コンテナーで日本に出荷、輸出、輸入通関、各社の日本指定倉庫にデリバリーします。コストダウン、効率UP、スピードUPできます。

……

……